症状別アドバイス

月経困難症・月経前症候群

月経困難症とは

毎回、生理痛がひどくて寝込んでしまう、仕事や学校などを休まなければならない、又、家事ができないほど痛みがつらい、鎮痛剤を飲んでも効かない....など日常生活に支障が生じるほどの症状があるような場合を月経困難症といいます。

症状のうち、もっとも多いのが痙攣性の下腹部痛ですが、腰痛、頭痛、吐き気や嘔吐、便秘や下痢、めまい、だるさなどの症状を伴う場合もあります。また、月経時のつらさや痛みが原因で、精神的に不安定な状態になる場合もあります。

月経困難症の原因

(1)  プロスタグランジンの過剰分泌

妊娠しなかった場合、プロスタグランジンというホルモンに似た物質の働きで子宮が収縮し、不要になった粘膜(子宮内膜)が月経という形で血液とともに体外に排出されます。

プロスタグランジンには、子宮を収縮させる働きとともに、発熱や痛みを強くする働きがあります。 月経困難症の方の子宮では、このプロスタグランジンが過剰に分泌されるため、ひどい生理痛となることがわかっています。

 

(2)子宮発育不全、子宮頚管狭窄、位置異常:

まだ、子宮の発育が未熟のため、また、子宮から出血の出る通り道が細いために、血液を排出しようとして、子宮が強く収縮して、強い生理痛がおきる場合もあります。この場合は、大人になってくるに従って、子宮も発育してくるので、自然によくなります。また、通り道が細い場合では、妊娠-出産後に症状が軽減する人もいます。

 

(3)  肉体的・精神的ストレス

冷房などでからだが冷えて血流が悪くなったり、立ちっぱなしの仕事を長時間続けるなど、身体に負担がかかる生活によって生理痛がより強くなることがあります。
また肉体的・精神的ストレスから自律神経の働きが乱れ、骨盤内の臓器の血流を悪くしたり、子宮の収縮に異常を起こしたりすることで強い生理痛や生理に伴う様々な症状を引き起こしたりします。

 

 (4)原因となる病気がある場合(器質性月経困難症)

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、クラミジア感染による骨盤内の炎症などが原因となっている場合を器質性月経困難症といいます。現在は、10代にクラミジア感染症が増えているようですし、子宮内膜症も急激な増加傾向にあるようです。

 

月経困難症の治療

現代医療では、鎮痛剤(プロスタグランジン作られるのを抑える働きがあります)の服用によって一時的に痛みを抑えたり、ホルモン剤を使って月経を止めたり、ホルモン剤であるピルを服用して排卵を止めたりすることにより生理痛を軽減するという方法がとられています。

 

けれど、鎮痛剤を使い続けることは、胃腸障害や血液を作る機能に障害が起きたりする可能性がありますし、身体を冷やし、自然治癒力をますます低下させてしまいます。また、外からホルモンを体内に入れることは、体内の自然な働きを乱してしまうことであり、重大な副作用としてあげられている血栓症や肝機能障害などは、そのあらわれの一部といってよいでしょう。

 

漢方では、ホルモンの働き、血行、神経の働き、内臓の働き等々、身体全体を健康にすることで月経困難症を改善していきます。健康な女性には、周期的に生理があり、しかも生理痛はないのです。

 

女性としての大切な働きを持っているあなたの身体・・・

新たな不調や病気を作るリスクのある、その場しのぎの治療を続けますか?

それとも、健康な女性としての働きを取り戻していくことを目指しますか?

一覧を見る

  • facebook
  • twitter
  • mixi