スタッフブログ

スタッフブログ詳細

熱よりコワい解熱鎮痛剤


多くの人は、風邪やインフルエンザにかかって高熱が出ると、
あわてて「一刻も早く熱を下げなくては!」と考えるようです。
お医者さんにかかっても、熱があれば必ず解熱鎮痛剤が処方されます。

けれど、それが治療の正しい方法でしょうか?

発熱はウィルスや細菌と戦うためにおこっている反応です。
ウィルスや細菌は熱に弱く、高熱になることで殺されてしまいます。
そして、細菌やウィルスをやっつけてしまえば、戦いは終了し、自然と熱は下がります。

ところが・・・
まだ、戦いが終わっていないのに、薬で急に熱を下げると、身体は楽になったように感じますが、
ウィルスや細菌も楽になって元気になり、かえって増えてしまいます。

そのため、病気は重くなったり、治りが遅くなったりするのです。

治癒を遅らせないためには、解熱鎮痛剤は、基本的には使わないことがベストです。
けれど、39~40℃以上の高熱が続いて消耗が激しかったり、頭痛など痛みがひどくて睡眠が妨げられるなど、
どうしても必要な場合にだけ、ゆるやかな作用の解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェンを少量使って1℃程度下げるとあまり害がなく、楽になります。

ただし、くれぐれも作用の強い解熱鎮痛剤(アスピリン、イブプロフェン、ポンタール、ボルタレンなど)で、
過剰に下げてはいけませんよ~

実は、私は子供の頃から、風邪でお医者さんにかかったことはありません。
風邪をひいたら、おかゆやすりおろしりんごなどを母がつくってくれて・・・
そして、あとは寝てひたすら汗をかきながら治す!というのがごく普通のこととして育ちました。
(何だか、懐かしい思い出です)
ですから、わが家の息子たちも同様に、風邪でお医者さんにかかったことはありません。
熱を出していても、しっかりと見守りながら、その時々で必要な手当をしてあげることで
子供は、ちゃんと自分の「治す力」で乗り越えていきました。
そして、治癒するたびに、子供達は、強くなり成長していることを実感しました。

子供は、風邪をひいて熱を出す度に、「治す力」を鍛えていっているのです。

ジョイ薬局漢方相談室

住所 〒121-0807 東京都足立区伊興本町1-2-2
アクセス 竹ノ塚駅西口にあります
TEL 03-5839-6266
MAIL joy.yakkyoku.kanpou@gmail.com
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
Facebookページはこちら http://on.fb.me/1CcBTS0
  • facebook
  • twitter
  • mixi